イハナ日誌

お知らせ

イハナハウスにはいつまでもいられるか?③

2022年06月24日(金曜日)

イハナハウスにはいつまでもいられるか?③

みなさまこんにちは!

今日も蒸し暑いですね。

水分はしっかり摂っていらっしゃいますか?簡単な電解質も含んだ熱中症予防水をご紹介します!

 

材料

・水…… 1L
・塩…… 3g
・砂糖…… 40g
・レモン果汁……大さじ1杯(お好みで)
さっぱりといただける簡易スポーツドリンクになります♫
ご自宅にあるもので、お手軽に作ることができますので作って冷蔵庫に入れておくのもいいですね!

さて、前回のお話の続きですが、

イハナハウスにいつまでもいられるか。の2つめです。

明確なボーダーは、2つあることは、前回お知らせいたしましたが

1つ目は、【医療依存度が高くなった場合】

2つ目は、【認知力低下による弊害が出現した場合】
この、認知力低下による弊害とは具体的に申し上げますと、
〇イハナハウスから外出をして、迷子になる
〇他のご入居者とのトラブルが発生する
 イハナハウスは、「自由」です。
それは、外出することも、外泊もお友達を呼んでご自分のお部屋に泊めることも、喫煙も飲酒も、ペットと一緒に暮らすことも可能です。
ですが、認知症により外出をされても迷ってしまう場合、ご入居者様の安心・安全をイハナハウスは確保して差し上げられない状況になってしまいます。
途中で交通事故にあうかもしれない、他者とのトラブルにあうかもしれない、そんな状況が想定されるからです。
また、他のご入居者との言葉や態度による意思の疎通が困難になり、口論などに発展する場合も当該ご入居者はじめ、他のご入居者の方の安心・安全が確保できなくなる可能性が考えられます。
イハナハウスには、認知症を患っていらっしゃる方もご入居されています。
ですが、上記記載のような症状はありません。
もし、このような状況になりそうだと予見できた場合、ご家族様やケアマネージャーと何度も協議し、
「ご入居されている方にとって最善の方法は何か」
というゴールをみんなで探して、安心して過ごすことができる場所を探していくことになります。
ご縁があって、イハナハウスへご入居下さった方を大切にしたい。そんなスタッフがここにはおります(^^)

イハナハウスにはいつまでもいられるか?②

2022年06月22日(水曜日)

イハナハウスにはいつまでもいられるか?②

みなさまこんにちは!

ムシムシとした毎日ですね。

今年は梅雨入りも早く、暑い夏になるそうで熱中症に備えて今が旬の【梅酢】を作りました♪

毎年、青梅を洗って乾かして、ヘタをとってフォークで穴をあけ冷凍し、お酢と氷砂糖で漬ける恒例の物ですが、暑くなってくると体操やリビングに外出から戻られたご入居者様などにふるまっています!

さて、前回のお話の続きですが、

イハナハウスにいつまでもいられるか。

これはご見学にいらした方やご入居された後でも関心度の高い話題の一つです。

明確なボーダーは、2つあります。

 

1つ目は、【医療依存度が高くなった場合】

イハナハウスは、医療機関ではありませんし医療従事者が常駐しておりません。

ですから、

「点滴が必要になった」

「管から栄養を摂らなければならなくなった」

「定期的な注射が必要になった」

「吸引が必要になった」

「モニターを常時付けなくてはならくなった」

と、このような場合は医療行為が必要となり、イハナハウスでは対応ができません。

上記記載のような状況になる前に、前々からご入居者様やご家族と話し合いを重ね混乱が生じない様に対応しております。

その際は、医療が受けられる有料老人ホームや、特別養護老人ホーム等、担当ケアマネージャーと一緒に考えて、ご入居者様にとって最善の道を探していきます。

 

2つ目は、また明日お伝えいたしますね!

 

イハナハウスにはいつまでもいられるか?①

2022年06月20日(月曜日)

イハナハウスにはいつまでもいられるか?①

みなさまこんにちは!

今日は、イハナハウスにご見学にいらした方で、一番多い質問にお答えしたいと思います。

 

「今はイハナハウスで何とか生活できているけれど、これから介護や医療が必要になった場合はどうしたらいいのだろうか?」

 

ご入居の際は介護の必要がないお元気な方でも、年々年を重ねる事で、

「膝や腰が痛い」 「物忘れが出てきた」 「病院に行く頻度が多くなった」

という方がいらっしゃるのは当然だと思っております。

「膝や腰が痛い」 だから、床やお風呂のお掃除が大変

「物忘れが出てきた」 だから、病院へ行く日にちやお薬を飲み忘れてしまう

「病院に行く頻度が多くなった」 だから、この先が心配

このような方がおられます。

イハナハウスでは、【できることはできるだけご自分で】という事を大切にしておりますので、基本的にはご入居されている方の生活にズカズカと立ち入ることはいたしません。

しかし、上記のような症状が確認された場合はその問題解決のために一緒に考えるようにしております。

お一人おひとり皆様の環境や、状況は違いますので個々に即した対応を心がけております。

 

さて、表題の 「イハナハウスにいつまでもいられるか」についてですが

次のイハナ日誌で詳細をお伝えいたします。

 

今年も桜のつぼみが色付いています♫

2022年03月24日(木曜日)

今年も桜のつぼみが色付いています♫ 今年も桜のつぼみが色付いています♫ 今年も桜のつぼみが色付いています♫

みなさまこんにちは!

雪が降ったり、ぽかぽか陽気だったりと忙しいお天気に、スタッフも体がついていかず困っているところです。

もう冬物をクリーニングに出してよいものか・・・

さて、今年はいろんなことが起こり心を痛める出来事が多くございますが、

そんな中でも、イハナハウスの廊下の前には桜のつぼみが色付き、さくら通りは桜の枝先がほんのりとピンクに染まり、春の訪れを楽しみに感じることができます。

まん延防止等重点措置が解除されました。

もうすぐ満開です!

見学や面会はお断りしておりません。

桜まつりは今年も中止ですが、イハナハウスでご入居者様と一緒に愛でたいと思います。

 

イハナハウスでは待機者を募集しております。

2022年03月20日(日曜日)

イハナハウスでは待機者を募集しております。

イハナハウスは、「サービス付き高齢者向け住宅」です。

「サービス付き」って、サービスがついているの?

とよくご質問を承りますが、サービス付き高齢者向け住宅は

○緊急時の対応をしている

○生活相談に乗ってくれる

○安否確認をしてくれる

ことが基本となっております。

基本的に 「ご自身で身の回りのことはできる」 方がご入居されることをおすすめ致します。

イハナハウスは、独立した ミニキッチン があり、 お風呂とトイレが別々 になっており、大切な ペット(条件有) とも一緒に暮らすことができます。

介護が必要になっても、 介護保険を利用してヘルパーさんやデイサービスに出かけることもできます。

できることはご自身で、できなくなったら介護や医療のサポートを受けて、できる限りご自身で臨む生活をサポートさせていただくのがイハナハウスです。

現在、満室ではございますが、随時待機者の方は募集中です♫