イハナ日誌

記事一覧

コースターがテーブルセンターになりました

2010年08月27日(金曜日)

コースターがテーブルセンターになりました コースターがテーブルセンターになりました コースターがテーブルセンターになりました

喫茶店のように気軽にお茶を上がりにいらして頂きたいものの、皆様には少し遠慮があるご様子です。
ですから、DVD映画鑑賞・歌う会・脳トレ・体操など、スタッフはご自由にいらして頂ける機会を工夫しております。
そんな中、誰とも無しに「ここで集まって手芸ができたら楽しいわね」というお声があがり、気軽に始められる「刺し子」を楽しむことになりました。

ある日はお一人で、またお二人だったり三人のこともありますが、おはなしに花がさくのは手のお仕事が終わる頃、それまでは、静かにBGMが流れています。一心に針を持っていらっしゃるのですね。
はじめはステッチ用のプリントのあるキットでしたが、今では真っ白な晒し布に自分で印をつけて、カラフルな糸で仕上げられています。
スタッフは、時にはカタログで作りたいものを一緒に検討することもありますが、皆様の手の美しさ見事さに感動するばかりです。
出来上がったものは、キッチンでも大切に使わせていただいています。

さて、桜通りの桜が満開の頃、ひとつ、またひとつと出来上がる藍色のコースターの可愛らしさに感動して見ていた館長はひらめきました。
「これをモチーフにつないだら素晴らしいテーブルセンターになりますねぇ!」と。

それぞれがお作りになったものをひとつの作品に仕上げる。
皆様は館長の提案をさっそく取り入れてくださいました。
サイズを決めて、必要なモチーフの数を計算して、全ての柄をパランスよく並べるにはどうしたら?と図を切り抜いて並べ、額を寄せ合いました。
設計図が完成した後、ブロックごとに分担して作りましょうということになりました。
最後の仕上げに裏打ち用の布も選び、50年間愛用のミシンを今も活用されているS様が、美しく裏打ちをしてくださいました。
桜通りの桜の木が緑の木陰を作る頃、約3ヶ月でめでたく完成と相成ったのでした。(staff Hori)

ゴーヤはお好きですか?

ゴーヤはお好きですか? ゴーヤはお好きですか?

いきいきリビングでは、ベランダのプランターで育てているゴーヤの美しい緑が夏の強い日差しを和らげてくれています。
緑の美しさだけではなく、実はとても立派なゴーヤが収穫できるのです。
ご入居の皆様はゴーヤの緑で目を癒しつつ、実の成長ぶりをお楽しみになります。
そして、収穫されたゴーヤは調理担当のスタッフが夕食の美味しい一品に仕上げます。ゴーヤが苦手だとおっしゃっていた方も、今ではすっかりゴーヤ好きになられました。
今年はかれこれ10本以上の収穫ができ、3度ほど、夕食を賑わせてくれました。
スタッフが収穫に夢中で、たわわに実ったところを撮影するのを忘れたため、旬を過ぎた実を撮影することになってしまいました。(笑)八百屋さんの店先に並ぶゴーヤの半分ほどの長さですが、立派な実がたくさん実っておりました。
写真は”ゴーヤと海老の天ぷら”です。

さて、猛暑となった今年の夏、イハナハウスではご入居の皆様が熱中症にならないように、スタッフ一同、皆様のご様子を常に気にかけております。
幸いなことに、皆様、とてもお元気にお過ごしです。
そろそろ暑さの疲れが出る頃。
しっかり召し上がって、ぐっすり眠って、猛暑に負けず、楽しく夏をお過ごしくださいね。(webstaff M)

14回いきいきリビングイベント

2010年05月26日(水曜日)

14回いきいきリビングイベント 14回いきいきリビングイベント

「新緑の中に鳴り響く6つの音色」

演奏 「tricolor」
フィドル・コンサーティーナ 中藤有花
ギター・マンドリン 中尾晃司
アコーディオン・ブズーキ 中村大史

日 時 平成22年5月19日(水)
13:30~15:30
場 所 適合高齢者専用賃貸住宅イハナハウス202号室 いきいきリビング
参加費 500円「イハナ特製フルーツポンチ&お茶」付

5月19日(水)新緑につつまれた桜通りの一角、イハナハウスでのライブコンサート。
今回はアイルランドの4種の弦楽器、2種のジャバラ楽器、大小2本のホイッスル、合計8種の楽器の音色が響いた。

奏でるのはアイルランドの音楽を愛してやまない3人の若者。「トリコロール」の心にやさしくパワーに溢れたメンバー達。

前半舞曲から始まり、一挙に雰囲気が高まる。高齢のお客様たちも表情がやわらぎ、顔色も紅潮してくる。踊りたくてたまらなくなるリズムとメロディーだ。

聞きなれた「ロンドンデリーの歌」(「ダニーボーイ」)をしみじみと聴く。(ヴァイオリンとギター、コンサティーナ、アコーディオンによる)

次のダンス曲はアコーディオン、フィドル、マンドリンの3つのメロディ楽器によると紹介され元気よく続く。
前半最後はブズーキとギターの2つの伴奏楽器でしばらく奏でた後、フィドルが加わるというもの。静かで深みのある始まりが何とも心にやさしく沁みてくる。そのうち盛り上がり、フィドルも加わって最高潮に達していく、という具合。

ティータイムに入っても、盛り上がった雰囲気が続く。心づくしのフルーツポンチと香り高いコーヒーを頂きつつ、話もはずむ。
後半は2つのジャバラの2重奏あり、ギターとフィドルに大小のホイッスル、又曲目も「春の陽の花と輝く」や「庭の千草」などが続き、最後はパッヘルベルの「カノン」で又大盛り上がり。

途中で〝大きなバラが庭に咲いた〟と届けられ、何ともいえない香りも漂い、馥郁とした幸せ気分に満ちたミニコンサートでした。又ぜひとお約束して名残を惜しみ、珍しい楽器を見せて頂き、サインを求めた方もあったりして終了した。(staff Hori)

13回いきいきリビングイベント(2)

2010年03月18日(木曜日)

13回いきいきリビングイベント(2) 13回いきいきリビングイベント(2) 13回いきいきリビングイベント(2) 13回いきいきリビングイベント(2)

ふだんは別々の演奏活動をしていらっしゃる愛娘の有花さんと、皆様がご存知の小曲を次々と奏でてくださいました。

また、今回はコンサーティーナというアコーディオンのような楽器も登場し、郷愁漂う音色を聞かせていただきました。

アンコールは四季から冬の第二楽章。

正に冬の終わりの、、、雪ではなく雨音を表現しているというヴァイオリンのピチカートの音色に耳をすませ、冬の終わりがきたことを感じつつ、演奏会は終わりました。

13回いきいきリビングイベント(1)

2010年03月18日(木曜日)

13回いきいきリビングイベント(1) 13回いきいきリビングイベント(1)

2台のヴァイオリンが奏でる「冬の終わりの共鳴」は、20名ほどのお客様にお越しいただき、音楽だけではなく、皆様の笑顔とお声も共鳴し合う温もりのひとときになりました。

今回のプログラムは、芽吹きはじめた木々の枝をイメージ。

また、竹川パティシェは、春を迎える大地をイメージしたケーキをご用意致しました。

ご入居の皆様は勿論、電車を乗り継いでいらしてくださる方、ご近所にお住まいの方、お集りいただきありがとうございました。

これからも時々、楽しい演奏会をご案内させていただきます。
初めてでも、お一人様でも、お気軽にいらしてください。